古くて新しいレガシーマイグレーション

マイグレーションは誰にでもできる作業なのか。企業に頼んだほうが良いのか? - 古くて新しいレガシーマイグレーション

古くて新しいレガシーマイグレーション

1990年ごろからダウンサイジングと言うことでどんどんオープン化のシステムが出てきました。OSで言えばUNIXやWindows、データベースはOracleなどのRDBMS、コンピューター言語で言えばJavaなどの技術があり、今と言っては当たり前の技術ではないでしょうか。2000年前後から古いものから新しいものに移行するという意味でレガシーマイグレーションが登場してきています。

レガシーマイグレーションはどうして必要なのか?

レガシーマイグレーションはメインフレームのシステムからオープン化のシステムに移行するという意味で従来は使われていたわけですが、今となってはそれにとどまらず旧バージョンのシステムを新しいシステムに移行するという意味でも使われてきています。
以前は新しかったものが時を過ぎるに従って古いものに変わっていきますので、新しい技術に合わせていくことも柔軟に考えていく必要が出ていくでしょう。以前はレガシーでなくても今となってはレガシーに含まれることもあり得ます。WindowsやUNIXを使っていたものであってもレガシー化しているものもありますので、これらについてもマイグレーションの対象になりえます。

マイグレーションの目的を明確化していく

trsレガシーマイグレーションとは言ってもアプローチの仕方と言うのは、ビジネスプロセス、ハードウェア(ミドルウェア含む)やOS、アプリケーション、データなどがあり得ます。これらの項目と言うのは関連し合っているために、実際にマイグレーションを行う際には何を一番目的にしたいのかと言うことをしっかりとプラン作りすることが必要です。
例えば、データに対して汎用的なものであれば、アプリケーションやOS、ハードウェア、ミドルウェアの選択と言うのは自由にできるわけですが、データが特定のバーションに依存してしまうものであれば、これらの選択は限られたものになるでしょう。
マイグレーションを行うということは単に新しいシステムに移行するだけではなく、業務で行っているプロセスの流れまでもきちんと確認をしなければいけません。現在の業務は非効率であれば、業務フローの変更まで行わないといけないでしょう。
システムにおけるレガシーマイグレーションの方法は5つありますので、自分たちにニーズに合わせて選択するといいでしょうし、いくつかを組み合わせながらやってもいいでしょう。コストや時間がかからない順でいうと、ラッピング方式、リホスト方式、リライト方式、リビルド方式、BPR方式になります。これら5つの方式については別途説明をしていますので、そちらを参考にしてみてください。

マイグレーションはビジネスを見つめ直すタイミング

マイグレーションを行う目的と言うのは今まで行ってきたビジネスを見つめ直して、今後の方向性を再確認していくことにあります。最終的には業務の効率化につながったり、利益獲得の機会につながったりすればなおいいことです。単なるシステムの再効率だけにとどめるのか、新しいビジネスプロセスを作るところまで行くのかによっても違ってくるでしょう。

レガシーマイグレーションで全てを新しくしていく機会

レガシーマイグレーションによって古いシステムから新しいシステムに再構築する際には、単なるシステムを新しくするだけにとどまらず、業務の再構築まで行う可能性があります。いわば、すべてを新しくしていく機会にもつながります。